黄色い星café / 茅ヶ崎 ヴィーガンカフェ

BLOG

フラワーエッセンスのこと②

フラワーエッセンスのこと②

 

心に余裕=スペースが増えてくると、エネルギーが余っているのを感じた。しっかりと十分休んで満喫したら自然と何かがしたくなる。

自然とやるべきこと、私でいうならカフェの仕事なのだけど、どんどん手際が良くなる。これを煮ている間にできることはなんだ?

あの合わせ調味料が足りなかったから作っちゃおう!あ、これも同時に茹でられるね。時間が余ったからあの調味料も作っとこ!

こんな調子でお湯を沸かす間ももどかしく感じられるぐらい、冴えっ冴えなのだ。必然的に料理の品数は増えるし、新しいレシピも浮かんでくる。

それはいいことでしかないし、無理しているわけでもないから、どんどん加速していくのだ。もう全自動?!っていうぐらいに動き始めたらすごいのだ。

 

その頃、長雨や低気圧の影響もあってか、頭痛の兆候が。

『あ~くるなあ~。でも閉店までは頑張ろう』

そう思って、なんとかやり切って、1日が無事終わる頃には右側の偏頭痛に変わっていた。

いつも通り動こうとすればズキン!ズキン!と痛む。

もうその日は夕飯も適当に任せて、早々に布団に入った。明日から2日休みだし、2日も寝れば治るだろう。

そんな風に軽く考えていました。

 

でも、翌日には頭痛は後頭部へ。

頭痛以外は何もないのだが、とにかく痛みに弱いから動けない。動きたくない。

家族に甘えて部屋にこもり、それでもよく寝たから少しは楽になってきた。

 

そして翌々日には痛みは眉間に。あ、これ、経験したことがあるなあ。眉間が浮き上がるように脈打つ。

大きな変化、シフトチェンジなのかもしれない。ぼんやり感じていた。

明日までに治ってくれるといいなと思いながら、布団から離れなかった。

 

そして休み明け。

まだうっすら痛みがある。けど寝すぎて身体が固まって余計に首肩が凝ってしまうし、『ゆっくり動こう。』と思った。

私がいつもの動きをしそうになると頭を締め付けてくる。まるで孫悟空の頭の輪っかのようだ。

おまけにカフェインを取ると痛みが増す。アルコールもだ。飲むとわかりやすいぐらいにズキンズキンと脈打つ。

夕飯の一杯も、朝のお楽しみのコーヒーもお預けかい!泣きそうである。

 

仕事中もあれこれやりたくなる気持ちを抑えながら、ゆっくり動くしかなかった。

仕込みをしながら、ふと私のタイプレメディーである『インパチェンス』が浮かんだ。

そして、もしかして今、インパチェンスな自分が表面に出てきてるんじゃないのか?!と思った。

 

"インパチェンスは頭の回転が早く、行動も素早い人、あらゆることを迷うことなく済ませたいと願う人に。病気の時には早く良くなりたいとやきもきします。

彼らは遅いことを、時間を無駄にする悪しきことと考えるため、ゆっくりした人に我慢するのが非常に難しく、なんとか早くさせようと急かします。

多くの場合、自分のペースで全てを行えるよう、一人で考え、働くのを好みます。" 

~エドワード・バッチ 著作集より~

 

私はもともとそんな気質でしたが、この頃は特にその状態が極まっていました。

 

これではどんなにスペースが空いても、そこに入れ込むから結局は昔のパターンから抜けられない。良きことだと思っていることが余計気づきにくくしている。

 

これは今が取り組みどきなのかもしれない!

 

そしてインパチェンスをトリートメントボトルに用意。

慣れるまではいつでも飲めるように、家と職場と1本ずつ用意して、朝昼晩寝る前だけじゃなく、くわーっと急ぎそうになったら飲む、というのを心がけた。

いままでのやり方を根本的に変えるような、結構本質的な1本だ。

 

カフェイン、アルコールは、やりたがる私に拍車をかける。

それらを飲んでいなくても意識が自律神経を刺激するのがわかる。カフェインが脈拍をあげ、アドレナリンが出るのがわかる。

これ、本当に会得できたら、意識で自分を整えることができるようになるかもしれない。

 

そんな風な流れで『インパチェンス』の取り組みが始まりました。

 

次回はその後の変化について。

 

JPEGイメージ-5BD16CE77021-1.jpeg

タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

白い鏡と黄色い星

☆Opening hours
月・火・水・金
11:30〜16:00 

lunch time 14:45 L.O. café15:30 L.O.